信長協奏曲|石井あゆみ

信長コンチェルト

【タイトル】
 信長協奏曲 (信長コンツェルト)

 

【ジャンル】 青春コメディ
【作者】 石井あゆみ
【連載】 2009年 ~
【掲載誌】 ゲッサン
【コミック】 最新刊 14巻 /15巻 未定

 

【お気に入り度】 ★★★
(評価基準)
☆ 普通 (まあまあ)
☆☆ 良作 (お勧めしたい)
☆☆☆ 名作 (中毒性がある)

 

【おすすめポイント】
能天気な高校生サブローが戦国時代にタイムスリップ、偶然入れ替わった顔がソックリな若殿こそ織田信長その人であった……

 

 

 

信長協奏曲 あらすじ&登場人物

 

【 1巻 】
能天気でやんちゃな高校生サブローが戦国時代にタイムスリップ。偶然知り合ったサブローとソックリな顔の若殿様、病弱なため引退すると言う彼と入れ替わりサブローが城主に。

 

しかし入れ替わったこの人物こそ、戦国の覇者・織田信長その人だった……
信長コンツェルト1巻 サブローと織田信長 信長コンツェルト1巻 池田恒興

 

【 2巻 】
家臣に斬りかかられ、弟に暗殺されかかりながら、信長に成り済ましたサブロー。

 

妻・帰蝶の父・斎藤道三との面会のおもむくも、実はこの男、サブローと同じく現代からタイムスリップした元警察官だった。

 

サブローに形見の制服と拳銃を預けた道三、息子にクーデターを企てられて戦死。続いて信長に反逆し続けた弟・信行は切腹。戦国時代の厳しさを思い知らされる……
信長コンツェルト2巻 斎藤道三は警察官 信長コンツェルト2巻 道三の娘、帰蝶

 

【 3巻 】
永禄3年(1560年)、東海の覇者・今川義元が京都を目指し上洛開始。その道中にある織田家に侵攻するも、奇襲に打って出た信長(サブロー)は総大将・義元を見事討ち取る。

 

総大将を失った今川軍は撤退。今川家の忍びとして織田家に潜入していた秀吉はそのまま織田家の家臣に、織田家内部から下剋上のチャンスを窺い始める……
信長コンツェルト3巻 桶狭間の戦い 信長コンツェルト3巻 今川の忍び、秀吉

 

【 4巻 】
サブローに面会を求めてきた明智光秀なる人物、その正体はサブローと入れ替わる前の本物の織田信長だった。顔を頭巾で隠して織田家家臣として働きはじめる光秀。

 

光秀が橋渡し役となり亡き将軍・足利義輝の弟・義昭を迎え入れた信長。次期将軍・足利義昭を旗印に、6万の大軍団を率いて上洛する……
信長コンツェルト4巻 明智光秀登場 信長コンツェルト4巻 将軍・足利義昭の上洛

 

【 5巻 】
飛ぶ鳥を落とす勢いの織田家、その傘下に入った松永久秀。この男もまたサブローと同じくタイムスリップしてこの時代にやってきた元極道だった。

 

一方、信長の後ろ盾により将軍となった足利義昭、しかし将軍家を無視して勝手に政治を取り仕切る信長に不満爆発、秘密裏に京周辺の大名に信長追討令を発行する。

 

追討令に応じた信長の妹婿・浅井長政(お市の夫)、戦争中の織田軍背後から奇襲するが……
信長コンツェルト5巻 松永久秀の刺青 信長コンツェルトト5巻 松永久秀は元極道

 

【 6巻 】
長政の裏切りにより大ピンチに陥った信長。無事京都に生還して後、浅井家討伐を開始する。

 

一方、帰蝶の侍女として仕えるお雪ちゃん。実は越後の大名・上杉謙信の放った忍びで、近況報告のため一時里帰りしていた……

 

【 7巻 】
各地で起こる反乱にてこずる織田軍。そんな中、交通の要衝たる宇佐山城を守っていた織田家の猛将・森可成(蘭丸の父)は浅井・朝倉軍の奇襲を受け戦死。

 

一方、明智光秀の言動に不審を覚えたお雪、彼の素行を探り始める……

 

【 8巻 】
尾張の海辺に現われると言う鬼、その正体は5年連続ホームラン王を獲得した野球選手のヤング。彼もまた、タイムスリップにより戦国時代に飛ばされてしまった男のひとりだった。

 

そして激化する織田家の闘い。光秀は宇佐山城を奇襲した浅井・朝倉軍をかくまった比叡山の焼討を決行、山寺で暮らす僧兵・僧侶を皆殺しにしてしまう……
信長コンツェルト8巻 タイムスリップした黒人野球選手ヤング 信長コンツェルト8巻 弥助のプロポーズ

 

【 9巻 】
戦国最強と謳われた武田軍が上洛開始。迎え撃つ徳川家康は壊滅寸前の反撃を受け敗走、間一髪で城まで逃げ帰る。しかし武田軍の快進撃の最中、総大将・武田信玄の病死が伝えられる。

 

図らずも最大のライバルが失墜した織田軍、この機に宿敵・浅井家攻略へと向かう……

 

【 10巻 】
浅井家を滅ぼし近畿一円を平定した織田家、さらに再び押し寄せた武田騎馬隊を鉄砲による近代的戦術で撃退。もはや敵なし、日本の最大勢力へと伸し上がる。

 

しかしここに来て、越後の上杉謙信からお雪に、信長暗殺命令が下る……

 

【 11・12巻 】
情に流され信長を殺せなかったお雪。故郷・越後へと戻るも、同じく忍びをしている姉・うのに諭され、忍びを抜け信長の下で生き延びる覚悟を決める。

 

【 13巻 】
三度、信長を裏切った松永久秀、最後は己の信念を貫き自爆して果てる。松永と同じ現代人のヤング、この時代に自分の生き方を見出すべく信長の元を離れ旅に出る。

 

そんなある日、蘭丸に素顔を見られてしまった光秀、さらに竹中半兵衛にはその正体まで知られてしまう。お雪に続き、信長と光秀の関係を知る者が増えてゆく……
信長コンツェルト11巻 お雪、信長暗殺 信長コンツェルト12巻 明智光秀の正体を知った森蘭丸

 

【 14巻 】
京から追放された将軍・足利義昭は西国最大の大名・毛利家に身を寄せ、反信長の機運を窺っていた。そして始まる秀吉の毛利攻め。運命の時、本能寺の変は近づきつつあった……

 

信長協奏曲 感想&ネタバレ

 

表向きは歴史どおり、桶狭間の合戦に始まり本能寺の変で終わる織田信長の物語。

 

その実、織田信長の正体は未来からやって来たタイムトラベラー・お気楽高校生サブロー。まあ、そのサブローも本能寺の変の頃には50代手前だけどね。

 

その他、大名にまで出世するも息子に殺された斎藤道三は元警察官、裏切りをくり返したすえ爆死した松永久秀は元極道、信長に仕えた黒人・弥助は元プロ野球選手。

 

それぞれがそれぞれの生き様を見せるなか、サブローはどんな運命をたどるのか?

 

ストーリーの流れから予想するに、明智光秀が本能寺の変を起こすとは考えられない。サブローに取って変わりたければ秘密裏に暗殺するのが一番だからね。

 

まあ、光秀の正体を知るお雪・蘭丸とともにまとめて本能寺で抹殺って手もあるかな。それでもやっぱり大本命は最初から信長の元で下剋上を狙っていた秀吉でしょ。

 

仮にサブローが殺されずに現代に戻ることになったとしても、すでに40代半ば。そこから人生をやり直すなんてまさにバッドエンド。さすがにそれは無いと思うけど……

 

正直、本能寺後の展開は全く予想がつかない。だからこそ続きが楽しみ。

 

信長協奏曲 (信長コンツェルト) /評価&Information

 

【お気に入り度】 ★★★ (中毒性がある名作)

 

【おすすめポイント】
能天気な高校生サブローが戦国時代にタイムスリップ、
偶然入れ替わった顔がソックリな若殿こそ織田信長その人であった……

 

DMMで立読】【Amazonレビュー】【楽天ブックス

~ 最近のおすすめ ~

 村上海賊の娘1 村上海賊の娘2 村上海賊の娘3

 

→【 歴史フィクション|村上海賊の娘

 

アサギロ 浅葱狼 ページ1 アサギロ 浅葱狼 ページ2 アサギロ 浅葱狼 ページ3

 

→【 歴史フィクション|アサギロ 浅葱狼

 

笑えるマンガ特集

笑える漫画・ギャグ漫画

恋愛・青春マンガ特集

恋愛漫画・青春漫画

感動するマンガ特集

感動する漫画・泣ける漫画

ファンタジー漫画特集

ファンタジー漫画

グルメマンガ特集

グルメ漫画

サスペンス漫画特集

サスペンスマンガ

グロ・ホラー漫画特集

グロ漫画・サスペンスホラー漫画

歴史マンガ特集

歴史フィクション漫画

異能・SF・格闘マンガ

異能バトル・SF・格闘漫画

エログロ漫画特集

エログロマンガ

エロい漫画特集

エロいマンガ

チラリズム漫画特集

ちょっとエロい漫画

→ 【 TOP PAGE

 


 

↑ PAGE TOP