ベルセルク|三浦建太郎

ベルセルク

 

 

【タイトル】 ベルセルク
【ジャンル】 ダークファンタジー
【作者】 三浦建太郎
【連載】 1989年 ~
【掲載誌】 ヤングアニマル
【コミック】 最新刊 38巻 /39巻 未定

 

 

【お気に入り度】 ★★
(評価基準)
☆ 普通 (まあまあ)
☆☆ 良作 (お勧めしたい)
☆☆☆ 名作 (中毒性がある)

 

【おすすめポイント】
身の丈を超える巨大な剣を振り回し左腕には大砲を仕込んだ剣士ガッツ、世の理を超えたバケモノ・使徒を狩る傭兵だった……

 

 

 

ベルセルク あらすじ&登場人物

 

【 黒い剣士編 1~3巻 】
君主専制と魔女狩りが横行する中世ヨーロッパ的な暗黒世界。

 

身の丈を超える巨大な剣を振り回し左腕には大砲を仕込んだ剣士ガッツ、闇にひそみ人間を食らうモンスター・使徒と呼ばれる人知を超えたバケモノを狩る傭兵だった。

 

ベヘリットと呼ばれる呪具を手にした者が絶望のどん底に叩き落とされた時、この世界と重なるもうひとつの世界の扉が開き現われる5人のゴッド・ハンドが人間を使徒に変えると言う。

 

ゴッド・ハンドひとり、闇の鷹フェムトことグリフィスとガッツの間には深い因縁があった……
ベルセルク 黒い剣士編 ベヘリット ベルセルク 黒い剣士編 5人のゴッド・ハンド

 

 

【 黄金時代編 3~14巻 】
傭兵の子として生まれ、自身も子供の頃から傭兵として戦場を生き抜いてきたガッツ。野心ある若者たちで構成された新進気鋭の傭兵軍団「鷹の団」と出会う。

 

鷹の団団長グリフィスとの立会いに完敗したガッツは、不本意ながらその配下となる。

 

ミッドランド王国の傭兵として連戦連勝を重ねたグリフィスは貴族の一員として名を連ね、鷹の団も正式な騎士団として認められるまでに出世。

 

しかしその輝かしい成功こそが転落の始まり、ミッドランド王女・シャルロットに手を出してしまったグリフィスは王の嫉妬と憎悪を買い、秘かに幽閉されてしまう。

 

鷹の団団員が反逆者として処断される中、地下牢で激しい拷問を受け廃人同然となったグリフィス、その手には深紅のベヘリットが握られていた。未来を暗示するかのように……
ベルセルク 黄金時代編 鷹の団団長グリフィス ベルセルク 黄金時代編 グリフィス拷問後

 

 

【 断罪編 14~21巻 】
覇王の卵・深紅のベヘリットにより呼び出された4人のゴッド・ハンド。グリフィスは鷹の団を生贄に、使徒の王たるゴッド・ハンドのひとり「闇の鷹・フェムト」へと転生する。

 

生贄にされた鷹の団の一員ガッツは、左腕を食いちぎられながらも恋人・キャスカを連れ出し、新しいゴッド・ハンド誕生の儀式「触」を生き残る。

 

そしてガッツの使徒への復讐の旅は始まるのであった……
ベルセルク 黄金時代編 触1 ベルセルク 黄金時代編 触2

 

 

ロスト・チルドレンの章
「蝕」の惨劇から2年後、ガッツは行きがかりで盗賊にさらわれた少女・ジルを助ける。折しもジルの村は無数の「霧の谷の妖精」に襲われていた。

 

しかし妖精とは名ばかり、子供をさらっては食い散らかす使徒の下僕たちだった……

 

 

縛鎖の章
黙示録に予言された「闇の鷹」を探すため教会より派遣された聖鉄鎖騎士団は、ジルの村と霧の谷で起こった惨劇を目の当たりにする。

 

騎士団を率いる貴族の娘・ファルネーゼは、黒の剣士・ガッツを闇の鷹と見なし捕縛するが……

 

 

生誕祭の章
たび重なる戦乱と疫病により疲弊するミッドランドの民、混沌の闇を引き裂き地上に舞い降りる一羽の光輝く鷹の夢を見る。

 

生きる術をなくした貧民は、夢の暗示に導かれ聖地を目指し、時を同じくして行方をくらましたキャスカを追うガッツも聖地へと向かっていた……
ベルセルク 断罪編 山羊と乱交 ベルセルク 断罪編 エログロ

 

 

【 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)編 22~35巻 】
断罪の塔にて使徒もどきと化したモズグスをうち果たしたガッツは地上に舞い降りた光の鷹を目撃、グリフィスの受肉=現世降臨を目の当たりにする。

 

人間だった頃の姿でガッツの前に現われたグリフィス、自分の国を手に入れると言う……
ベルセルク 断罪編 ガッツvsモズグス1 ベルセルク 断罪編 ガッツvsモズグス2

 

 

聖魔戦記の章
キャスカをかくまえる地を探すガッツ。パックの故郷・妖精郷を目指し魔女フローラと出会う。

 

数百年の時を生き髑髏の騎士との交流もあるフローラ。新生鷹の団に危険視され戦魔兵の急襲を受ける中、ガッツに狂戦士の鎧と弟子のシーケルを託しこの世を去る。

 

一方、ゾッドなど強大な使徒たちで構成された新生鷹の団。ミッドランドに侵攻するクシャーン軍を難なく追い払い王都ウィンダムへと舞い戻る……

 

 

鷹都(ファルコニア)の章
新人魔女シーケルと貴族の娘ファルネーゼ、それに付き従うセルピコとアザンを仲間に加えたガッツ。キャスカの心を取り戻すため、海を越えて伝説の妖精王を探すことに。

 

一方、ミッドランド王女・シャルロットは鷹の団団長グリフィスを婚約者に迎え、ミッドランド正規軍となった鷹の団は、クシャーン帝国に占領された都市を次々解放してゆく。

 

 

【 幻造世界(ファンタジア)編 35巻~ 】
遥か昔に使徒と化していたクシャーン大帝・ガニシュカ。主であるゴッド・ハンド=闇の鷹・グリフィスを倒すため魔界とつながり、自我を失った巨大なバケモノに成り果てる。

 

切り裂かれたクシャーン大帝の顔からあふれ出た光は世界を包み込み、世の理を根本からねじ曲げ、現生をファンタジーあふれる幻造世界へと塗り変えるのであった……
ベルセルク 幻造世界(ファンタジア)編 世界の理が壊れた日1 ベルセルク 幻造世界(ファンタジア)編 世界の理が壊れた日編2

 

ベルセルク 感想&ネタバレ

 

回が進むにつれ、どんどん壮大になってゆくファンタジーな物語。話が広がり過ぎて収拾がつかなくなっているような気もするけど。

 

因縁の相手・グリフィスに復讐するため旅を続けてきた主人公ガッツ。だけれども、強靭な使徒を従えミッドランド王国さえも手中に収めたグリフィスを倒すのは最早不可能ではなかろうか?

 

一応連載再会されたけど不定期だし、ストーリーは遅々として進まない。多分、完結する前に連載が自然消滅してしまうのでは……

 

完結しないまま終わっちゃった名作漫画ってけっこうあるからねぇ。まあ、途半端な形で終わらせるよりは完結しないまま続編を待っていたほうが想像できて楽しめるけど。

 

ただ、ベルセルクの場合、どう考えてもグリフィスが倒れる前にガッツのほうが力尽きそう。ある意味、先の展開が全く予想できない面白さがある。

 

そんな訳で連載楽しみにしています。自然消滅しないで欲しい。

 

ベルセルク /評価&Information

 

【お気に入り度】 ★★☆ (お勧めしたい良作)

 

【おすすめポイント】
身の丈を超える巨大な剣を振り回し左腕には大砲を仕込んだ剣士ガッツ、
世の理を超えたバケモノ・使徒を狩る傭兵だった……

 

DMMで立読】【Amazonレビュー】【楽天ブックス

~ 最近のおすすめ ~

 月が導く異世界道中 ページ1 月が導く異世界道中 ページ2 月が導く異世界道中 ページ3

 

→【 ファンタジー漫画|月が導く異世界道中

 

 転生したらスライムだった件 ページ1 転生したらスライムだった件 ページ2 転生したらスライムだった件 ページ3

 

→【 ファンタジー漫画|転生したらスライムだった件

 

笑えるマンガ特集

笑える漫画・ギャグ漫画

恋愛・青春マンガ特集

恋愛漫画・青春漫画

感動するマンガ特集

感動する漫画・泣ける漫画

ファンタジー漫画特集

ファンタジー漫画

グルメマンガ特集

グルメ漫画

サスペンス漫画特集

サスペンスマンガ

グロ・ホラー漫画特集

グロ漫画・サスペンスホラー漫画

歴史マンガ特集

歴史フィクション漫画

異能・SF・格闘マンガ

異能バトル・SF・格闘漫画

エログロ漫画特集

エログロマンガ

エロい漫画特集

エロいマンガ

チラリズム漫画特集

ちょっとエロい漫画

→ 【 TOP PAGE

 


 

↑ PAGE TOP