月が導く異世界道中1巻

tukigamichibikudouchuusekai1

 

 

【タイトル】 月が導く異世界道中
【漫画作者】 木野コトラ・あずみ圭
【ジャンル】 ファンタジー
【 掲載誌 】 web漫画 アルファポリス

 

【お気に入り度】 ★★★
(評価基準)
☆ 普通 (まあまあ)
☆☆ 良作 (お勧めしたい)
☆☆☆ 名作 (中毒性がある)

 

 

【こんなマンガ】
異世界の女神に勇者として召喚された高校生、しかしそのルックスのまずさから勇者失格の烙印を押され、世界の果てへと飛ばされてしまう……

 

 

 

コミック1巻 あらすじ&ネタバレ

 

 

● 第1話 勇者…失格\(^o^)/

 

とつじょ異世界に召喚された深澄真(みすみマコト・高校2年)

 

目の前にいるのは日本神話の月の神さま月読命

 

月読命さまの話によると、マコトの両親は元々異世界の人間で、当時せっぱつまって女神と「大切なものをひとつ捧げる」と約束したとかなんとか

 

その女神との契約により連れてこられたマコト「かわりに姉や妹を連れていかせるわけにもいかない」と異世界行きを受け入れる

 

しかしこの女神、ひどく歪んだ性格で、

 

マコトをひとめ見るや「ブサイクだからいらない」とダメ出し「私のヒューマンに醜いタネをばらまくんじゃないわよ」と世界の果てにポイ捨てされてしまう……

 

 

 

● 第2話 「世界の果て」のその先で…!?

 

まっ逆さまに転落してゆくマコトの前に現われた月読さま

 

女神の暴挙をなじりつつ、現状を説明してくれる

 

マコトがいた世界(地球)はこの異世界と比べると超過酷な環境で、つまり地球人である真はこの世界ではケタ違いに強い。空から落ちてもまったく問題ないとのこと

 

さらに月読がマコトを召喚しているとき、あの女神が他の地球人を(マコトの近くにいた人物を)2人ほどこっちの世界に連れ込んだとかなんとか

 

そして最後に「新たな世界での自由を認める」と神の加護を与えると長い眠りに……

 

 

月読さまの言葉どおり、地面に墜落してもまったく平気なマコト。三日三晩、飲まず食わずで荒野を歩きまわっても平気なほど……

 

世界の果て(ピリオド)はその名にふさわしい何もない荒野だった

 

3日目にしてようやく聞こえたのは女の子の悲鳴。さっそうとその間に割って入ると、強そうなモンスターを一撃でミンチにしてしまう

 

しかも助けたその女の子はブタの顔、いわゆるオークだった……

 

木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中 第2話 page1 木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中  第2話 page2

 

 

 

● 第3話 フラグは立つか立たざるか

 

助けた少女(オーク)の名前はエマさん。おそらく人間であればヒロイン的美少女だったであろう背中にバラを背負った華やかな女性

 

「ヒロインフラグが立ったのでは?」などと心配しつつ、とりあえず彼女の家へ……

 

 

このエマさん、オークたちの巫女様でいちばんの魔法の使い手なんだとか。ためしにひとつ魔法を教わってみると、一発で習得してしまうチートなマコト

 

食事もごちそうになり、そのお礼として(本心はヒロインフラグ回避のため)オークたちにイケニエを求める「蜃さま」とやらを退治に向かう

 

ところがこの蜃さま「無敵」の異名を持つ上位竜であった……

 

 

 

● 第4話 おしかけドラゴン

 

肉弾戦ではマコトに敵わないと察した蜃(しん)

 

幻影のとりこにして飢え死にさせる「奥の手」を使う

 

しかし「目の前の現実」が自分に都合よく書きかえられていることに気付いたマコト、月読から与えられた加護の力「界」を目覚めさせ、その幻影を打ち破ってみせる……

 

 

上位竜というだけあって、いろいろ便利な能力を持っている蜃

 

「相手の心を読む」のもそのひとつでマコトの「異世界(日本)の記憶」には興味津々。さらに幻影結界をも打ち破るその規格外の強さに、お腹をさらして恭順のポーズ(犬のマネ)

 

マコトと契約を結び、その支配下に収まるのであった……

 

木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中 第4話 page1 木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中  第4話 page2

 

 

 

● 第5話 おとぼけ侍

 

契約を交わすと、その力関係から「支配下」に収まった蜃

 

外見も支配者たるマコトにひかれ人間の姿(若い女)に

 

そして蜃の能力のひとつ・亜空(亜空間に移動できる)もマコトの記憶にひかれてか、元々は何もない空間だったところに「古き良き日本の里山」のような光景が……

 

蜃は、この新たに生まれた亜空にオーク族(エマさんたち)を移住させる「支配者」であるマコトに相談することなく、自由気ままに……

 

 

 

● 第6話 災害の黒蜘蛛

 

とりあえずやる事もないので亜空で魔法の練習をするマコト

 

一方、蜃は何か計画があるようで、オーク族に続き今度は傷ついたドワーフを連れてくる。その後ろに「災害の黒蜘蛛」と呼ばれる凶悪なモンスターをひきつれて

 

亜空の壁をぶち破って登場した黒蜘蛛

 

攻撃してもすぐにキズを回復させる超回復力に加え、魔法をぶちこまれるたびに「喜びの声」を上げる変態マゾモンスターだった……

 

 

 

● 第7話 ディープラバー

 

打つ手のないまま「界」による結界まで破られ精気を吸われて大ピンチ

 

意識がもうろうとする中、人間にはとうてい出来ない複雑な術式を発動させたマコト、ありったけの魔力を黒蜘蛛にぶちこむとそのまま気絶してしまう……

 

 

真の精気と膨大な魔力を吸収し、生まれて初めて「満腹」になった黒蜘蛛

 

マコトが気に入ったらしく彼に飛びつき抱きしめる(喰ってるようにしか見えないけど)その間に割って入った蜃、黒蜘蛛に「主(マコト)と支配の契約を結んではどうか」ともちかける

 

その提案に乗った黒蜘蛛

 

蜃の主導で(主人である真の断りもなく勝手に)契約の儀式を発動すると、みるみるその姿を変え、若くて可憐な和服姿の女性に……

 

木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中 第7話 page1 木野コトラ・あずみ圭 月が導く異世界道中  第7話 page2

 

 

→【 月が導く異世界道中/感想&まとめ

 

→【月が導く異世界道中/コミック2巻あらすじ&ネタバレ

 

→【月が導く異世界道中/コミック3巻あらすじ&ネタバレ

 

 

月が導く異世界道中 /評価&Information

 

【お気に入り度】 ★★★ (中毒性がある名作)

 

【おすすめポイント】
 【1】 異世界に召喚された男子高校生
 【2】 勇者となるはずが世界の果てに追放
 【3】 クセになる主人公最強系ファンタジー

 

DMMで立読】【Amazonレビュー】【楽天ブックス

~ 最近のおすすめ ~

 だがしかし ページ1 だがしかし ページ2 だがしかし ページ3

 

→【 グルメマンガ|だがしかし

 

 桐谷さん ちょっそれ食うんすか ページ1 桐谷さん ちょっそれ食うんすか ページ2 八桐谷さん ちょっそれ食うんすか ページ3

 

→【 グルメマンガ|桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?

 

笑えるマンガ特集

笑える漫画・ギャグ漫画

恋愛・青春マンガ特集

恋愛漫画・青春漫画

感動するマンガ特集

感動する漫画・泣ける漫画

ファンタジー漫画特集

ファンタジー漫画

グルメマンガ特集

グルメ漫画

サスペンス漫画特集

サスペンスマンガ

グロ・ホラー漫画特集

グロ漫画・サスペンスホラー漫画

歴史マンガ特集

歴史フィクション漫画

異能・SF・格闘マンガ

異能バトル・SF・格闘漫画

エログロ漫画特集

エログロマンガ

エロい漫画特集

エロいマンガ

チラリズム漫画特集

ちょっとエロい漫画

→ 【 TOP PAGE

 


 

↑ PAGE TOP