世界で一番、俺が〇〇1巻

sekaideichibanoregamarumaru1

 

 

【タイトル】 世界で一番、俺が〇〇
【漫画作者】 水城せとな
【ジャンル】 人間ドラマ
【 掲載誌 】 イブニング

 

【お気に入り度】 ★★
(評価基準)
☆ 普通 (まあまあ)
☆☆ 良作 (お勧めしたい)
☆☆☆ 名作 (中毒性がある)

 

 

【こんなマンガ】
カフェに集まって「俺がいちばん不幸だ」とグチをこぼし合う仲良しアラサー男3人。そんな彼らの前に現われた不思議な少女ナナミ、彼らに「不幸になるゲーム」をもちかける……

 

 

 

コミック1巻 あらすじ&ネタバレ

 

 

● 第1話

 

週末になると毎週のようにカフェに集まるアラサー3人組

 

ひとりは「モテはいいもういいから(カッコイイ)職につきたい」という。イケメンの女たらしで仕事に就いても続かない青い鳥シンドロームの男・アッシュ

 

ひとりは「家族もいない、彼女もいない、周りは敵だらけ」という。外資系に勤める高額納税者ながら強い人間不信にとらわれた男・柊吾

 

ひとりは「俺だって何かトクベツな(お前ら2人みたいな)人間になりたかったよ」という。人はイイけど要領が悪く過酷な労働で人生をすり減らしている男・たろ

 

3者3様「自分がいちばん不幸だ」と持論をぶちまける

 

要はただのグチのこぼし合い……(3人とも酒が飲めないのでカフェ)

 

盛り上がる彼らの席に不意に現われた不思議ちゃん「では皆さんの中で一番不幸なのは誰なのか決めませんか?」といきなり会話に割りこむ

 

3人の中の誰かの連れでも顔見知りでもない彼女

 

差し出した名刺には「公益法人セカイ エージェント773号」と……

 

水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第1話 page1 水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第2話 page2

 

 

 

● 第2話

 

「私どもが現在進めている事業に反映させるため、人間の不幸についてデータを収集しているところなのです」と語る773号(ナナミ)

 

「わたしはデータを収集させて頂きたいだけで、作為的に皆さんを不幸にしたりなんて絶対にしません!約束します!」と熱のこもった説得

 

そして最後に「最終測定日は300日後、その時点でめでたく一番不幸になることができた方には…セカイにより何でも願いを叶えてさしあげます!」

 

小学生でも信じないであろう突拍子もない話

 

「そのうち入会金とか言ってくる手合いだろう、論破してやる」と息まく柊吾「ホントに何でも叶えられるのか証明してみせろ」とたたみかける

 

でもって「デモンストレーションをお目にかけます!」と返したナナミ

 

右手をかざして「光あれ!」と一言唱えるや、倒れかかったコップがそのまま停止

 

いとも簡単に時間を止めてみせる……

 

 

 

● 第3話

 

「データを取りたいだけなのでペナルティはない」と話を続けるナナミ

 

不幸度を決めるのは「DQ (Despair Quotient)=絶望指数」という独自の基準。彼女が3人に触れると柊吾DQ36、アッシュDQ12、たろDQ10とそれぞれ数値が

 

「みなさん結構幸せですね」とクスクスわらうナナミ

 

ゲーム参加を了承した彼らに「皆さんは不幸になりますよ。意識した瞬間からそうなっていくんです。道に気づいてしまいますから」と……

 

その帰り道、別れた3人はそれぞれゲームに勝つ方法に思いを巡らしはじめる……

 

水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第3話 page1 水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第3話 page4

 

 

● 第4話

 

ゲーム参加者をそれぞれ視察に訪れるナナミ

 

ひとり目は山森啓太(アッシュ)無職のチャラ男28歳

 

ベッドでぬくぬく、幸せいっぱいのDQ2。そのあだ名は「中1のときに校則やぶって髪染めたとき、そのカラー名がアッシュだった」とかなんとか

 

「三十路手前になってもまだ呼ばれ続けるとは思わなかった」と続ける彼に「三十路手前になってもまだこんなにチャラチャラしてるとも思わなかったでしょうね!」

 

アッシュに対しては何気に辛辣なナナミ……

 

 

仕事に向かう姉にパンケーキとコーヒーを用意して「ところでさ…今日デートなんだよね」と小遣いをおねだりすれば5,000円ゲット(カフェで働いていたとのこと)

 

実は大学卒業後にも、誰もが知る大手電機メーカーに就職したにも関わらず「研修中にモヤモヤが爆発した」とかでソッコー退職

 

半年以上、仕事が続いたためしがない

 

「黒い俺は白い俺をいつも切り捨てる、すでに人生大敗しているっていう現実も認めている」と冷静に自己分析してはいるけれど……

 

 

 

● 第5話

 

続いてナナミが向かった先は、小山小太郎(たろ)身長160cmの冴えない28歳

 

小さなアニメ制作会社の動画マンとして勤めはじめて3年目。前の職場で心を病みかかったところ、心配したアッシュに促がされ転職してきたという

 

ところが転職したこの会社もまたブラック

 

ボーナスなんて当然出ないし、動画1枚仕上げて190円、どんなに頑張っても月300枚しか描けないから月収は……(基本給なしの歩合制)

 

 

「お昼が1日で一番幸せな時間。お弁当サイコーに美味しいし、お弁当屋さんのふみちゃんの笑顔に癒されたしね」と語るたろのDQは23

 

日をまたいでも帰れないCM制作会社(前職)の仕事に、その前は「マンション買ってください」と電話をかけまくるだけの不動産屋のお仕事……

 

「容姿も良くない、頭もよくない、タッパも金もない。28年間ずっとからっぽの器だった」と己の半生を振り返るたろ

 

「何かを手に入れて俺のものにするんだ…失うために」と……

 

 

 

● 第6話

 

最後にナナミが向かった先は、高瀬柊吾(しゅうご)論理的で疑い深い28歳

 

6歳のときに町でいっしょに歩いていた母が通り魔に刺され死亡

 

10歳のときには事業で失敗して2億の借金を抱えた父を火事で無くし(ついでに家も)祖母の家に引き取られ、優しかったその祖母も亡くなり天涯孤独……

 

 

そして今は高給取りのエリートサラリーマン。しかし周りは手柄の取り合いに足のひっぱり合い、信用できる仲間などおらず敵だらけ

 

「そんな気分じゃない」と不意に現われたナナミのDQ測定を拒否

 

コーヒーが気に入った彼女に「エスプレッソマシン自由に使っていいから他の2人のDQを教えて」と取引をもちかけ情報ゲット

 

「俺は不幸慣れしているから分が悪い」と実際に不幸な生い立ちの彼

 

ゲームに勝つ方法、親友2人を出しぬく方法を考えはじめる……

 

 

 

● 第7話

 

ゲームが始まって1週間、ふたたびカフェに集まった3人

 

前回と同じく和気あいあいと盛り上がる

 

そこに再び現われたナナミ、柊吾のおごりでカフェモカを注文

 

それを見たアッシュ「この2人はいける!」と柊吾とナナちゃんをくっつけ幸せにする作戦を思いつく。たろには弁当屋の天使・ふみちゃんに告白させるべくアドバイス

 

不幸なんて入り込む余地のなさそうな3人の仲、少なくともこの時までは……

 

水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第7話 page1 水城せとな 世界で一番、俺が〇〇 第7話 page2

 

 

→【 世界で一番、俺が〇〇/感想&まとめ

 

→【世界で一番、俺が〇〇/コミック2巻あらすじ&ネタバレ

 

→【世界で一番、俺が〇〇/コミック3巻あらすじ&ネタバレ

 

→【世界で一番、俺が〇〇/コミック4巻あらすじ&ネタバレ

 

 

世界で一番、俺が〇〇 /評価&Information

 

【お気に入り度】 ★★ (お勧めしたい良作)

 

【おすすめポイント】
 【1】 3人の親友、一番不幸な人を決めるゲーム
 【2】 勝者にはどんな願いでも叶えてくれる
 【3】 壊れはじめる友情と楽しかった日々……

 

DMMで立読】【Amazonレビュー】【楽天ブックス

~ 最近のおすすめ ~

 

 

初恋ゾンビ ページ1 初恋ゾンビ ページ2 初恋ゾンビ ページ3

 

→【 恋愛・青春マンガ|初恋ゾンビ

 

 七つ屋志のぶの宝石匣 ページ1 七つ屋志のぶの宝石匣 ページ2 七つ屋志のぶの宝石匣 ページ3

 

→【 恋愛・青春マンガ|七つ屋志のぶの宝石匣

 

笑えるマンガ特集

笑える漫画・ギャグ漫画

恋愛・青春マンガ特集

恋愛漫画・青春漫画

感動するマンガ特集

感動する漫画・泣ける漫画

ファンタジー漫画特集

ファンタジー漫画

グルメマンガ特集

グルメ漫画

サスペンス漫画特集

サスペンスマンガ

グロ・ホラー漫画特集

グロ漫画・サスペンスホラー漫画

歴史マンガ特集

歴史フィクション漫画

異能・SF・格闘マンガ

異能バトル・SF・格闘漫画

エログロ漫画特集

エログロマンガ

エロい漫画特集

エロいマンガ

チラリズム漫画特集

ちょっとエロい漫画

→ 【 TOP PAGE

 


 

↑ PAGE TOP